Special Menu

当院だけで受けられるスペシャルメニュー

自己組織注入法とは?

遺伝子組換・培養・危険な薬剤や他人の細胞・動物の組織などを用いない、自己サイトカインや自己コラーゲン・自己脂肪・自己幹細胞等の自己組織を用いる方法です。組織の自己修復力や再構築力のみを利用して若返りや脂肪移植の定着率上昇を図ることが最も安全であると考えられます。ご自身の組織を用いるため、拒絶反応やアレルギーの心配は全くありません。従来のヒアルロン酸などに代表されるジェル状充填剤によるお肌の生体コラーゲン微小構造の破壊が最小で済みます。メスを用いず健常皮膚のあるほとんどの部位に注入でき、また何歳でも受けることができます。例えばコメカミや頬骨下が痩せこけた顔貌の方、中でも人工物を好まず半永久効果を望まれる方にはぴったりの手術です。

生体内再生医療とは

吸引した脂肪を脂肪細胞・濃縮幹細胞・繊維芽細胞に分けてオーダーメイドデザイン部位にマッサージを徹底しながら分散注入します。条件が揃うと注入した各種細胞は(生体内)で生着し成長します。
顔面のシワ・溝・陥凹部などに注入すれば、最も生着率の高い自己組織による若返り術となります。また術後に多種類の成長因子と細胞栄養成分をたっぷりと定期的に注射して、うまく生着した細胞を大切に育てることもできます。

生体内再生医療の仕組み




分散注入について



多血小板血漿(platelet Rich Plasma:PRP)とは

個体が傷を負うと血小板は血管の破綻部や創傷部位で一次止血をすると同時に、非常時のシグナルである細胞間連絡物質(サイトカインやグロースファクター)を多種類・多数放出して免疫細胞や真皮線維芽細胞を呼び寄せます。多血小板血漿(PRP)とは字の如く血小板を高濃度に濃縮した血漿のことですが、実はこれら細胞の成長因子と呼ばれるグロースファクター(成長因子)を豊富に含んでいます。各成長因子は、例えば血管内皮細胞や繊維芽細胞等を活性化するなど、それぞれ組織再生上個別の重要な役割を担います。

PRP注入療法(リジェンACR)で、何故若返る〜その真相とは

コラーゲンよりも破壊されるコラーゲンが多くなるにつれて、お肌の支持力が低下し、張りやタルミ、シワが増え真皮および真皮下組織が非薄化してゆく機序があります。従って、真皮繊維芽細胞にコラーゲンを作らせる命令を、意図的に老化が進んだところに施せば、お肌の張りが次第に蘇ると考えられます。

血小板は、非常時以外にはグロースファクターを多量に放出しません。PRPを抽出する際には高速の遠心分離をかけ、血小板に非常な負荷をかけるので、血小板中に蓄えられているグロースファクターが血漿中に多量にしみ出してくると考えられます。そのしみ出たグロースファクターの比重は、血球よりも軽くミネラルよりも重いので、遠心分離した試験管の中間層に多く含まれています。その最も濃度の濃いところだけを抽出したのがPRPなのです。因みに上層はPPPといって血漿成分なのですが、ミネラルやビタミンなどの栄養素を多く含んでいるため、当院ではこれも利用しています。PRP注入法は真皮の修復に重要かつ無双の働きをする真皮繊維芽細胞に、「働け」と命令を出してたくさんのコラーゲンを作らせる最も安全な再生医療に基づく若返り方法なのです。

PRPの治療の流れ(所用時間は約1時間です)








医療法人 美来会
 美容外科 デザイナーズ & アーティスツ Kunoクリニック

銀座院 0120-874-432
〒104-0061
東京都中央区銀座5-9-12 ダイヤモンドビル2F
受付時間 9:00 - 21:00
24時間受付 無料メール相談 24時間受付 無料カウンセリング予約
医療法人 美来会
 美容外科 デザイナーズ & アーティスツ Kunoクリニック

梅田院 0120-454-902
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1丁目11番4-200号 大阪駅前第4ビル2階
受付時間 9:00 - 21:00
24時間受付 無料メール相談 24時間受付 無料カウンセリング予約