• 【銀座店】0120-874-432
  • 【梅田店】0120-454-902
  • 24時間受付 無料メール相談
  • 24時間受付 無料カウンセリング予約
  • 24時間受付 無料メール相談
  • 24時間受付 無料カウンセリング予約

HOME > 施術メニュー > 再生医療 > ? PRP・多血小板血漿

PRP・多血小板血漿

PRP多血小板血漿を注入する、
再生医療に基づく若返り(アンチエイジング)施術をご紹介いたします。

症例ファイル

01

PRP(多血小板血漿) 目の下・ほうれい線・頬への注入

目的&適応 美白(シミ・肝斑・色素沈着等)・抗加齢(シワ・タルミ・毛穴等)・皮膚疾患治癒(乾燥肌・ニキビ・皮膚炎等)・血行改善&デトックス(クマ・クスミ等)・肌免疫増強
機序&方法 細胞を活性化させる多種多量の自己血液由来サイトカインで細胞若返り
作用持続期間 数ヶ月〜1年
ダウンタイム 数日 安全性

20cc採血でACRキットよりもたっぷりとPRP成分が抽出できます。症例は30代の女性で7日後ですが肌の色調が明るくなってきて目の下のクマやチリメンジワ・タルミも改善しています。

失敗しないためのポイント
  • 抽出量が何cc得られたかを見せてもらって下さい。
  • 目の周囲は内出血が出やすく注射時にできるだけ力を入れない方がいいですね。表面麻酔や極細針エレクトロポレーションなどでも回避できます

他院様で費用の高いACRを勧められた場合は当院に御相談下さい。低予算で高純度のPRPが抽出できます

オプション
  • 最極細注入針エンジェニードルや最強力表面麻酔併用可
  • 新メソリフト・CoQ10・プラセンタ併用(スペシャルPRP)可
  • 痛み出血腫れがないエレクトロポレーションで導入可能
  • 40cc採血で全顔面や身体の他部位への拡大注入可
02

PRP(多血小板血漿) ほうれい線・頬・インディアンラインへの注入

目的&適応 美白(シミ・肝斑・色素沈着等)・抗加齢(シワ・タルミ・毛穴等)・皮膚疾患治癒(乾燥肌・ニキビ・皮膚炎等)・血行改善&デトックス(クマ・クスミ等)・肌免疫増強
機序&方法 細胞を活性化させる多種多量の自己血液由来サイトカインで細胞若返り
作用持続期間 数ヶ月〜1年
ダウンタイム 数日 安全性

20cc採血でACRキットよりもたっぷりとPRP成分が抽出できます。症例は30代の女性で7日後ですが、頬のタルミが引き締まりほうれい線やインディアンラインも改善しています。

失敗しないためのポイント
  • 抽出量が何cc得られたかを見せてもらって下さい。
  • 目の周囲は内出血が出やすく注射時にできるだけ力を入れない方がいいですね。表面麻酔や極細針エレクトロポレーションなどでも回避できます

他院様で費用の高いACRを勧められた場合は当院に御相談下さい。低予算で高純度のPRPが抽出できます

オプション
  • 最極細注入針エンジェニードルや最強力表面麻酔併用可
  • 新メソリフト・CoQ10・プラセンタ併用(スペシャルPRP)可
  • 痛み出血腫れがないエレクトロポレーションで導入可能
  • 40cc採血で全顔面や身体の他部位への拡大注入可
03

PRP(多血小板血漿) +メソリフト 全顔面への注入

目的&適応 美白(シミ・肝斑・色素沈着等)・抗加齢(シワ・タルミ・毛穴等)・皮膚疾患治癒(乾燥肌・ニキビ・皮膚炎等)・血行改善&デトックス(クマ・クスミ等)・肌免疫増強
機序&方法 細胞を活性化させる多種多量の自己血液由来サイトカインで細胞若返り
作用持続期間 数ヶ月〜1年
ダウンタイム 数日 安全性

全顔面量は40cc採血でACRキットよりも約2.5倍PRP成分が抽出できます。症例は40代の女性で6ヶ月後ですが、木綿から絹に変ったような肌質改善が持続しています。

失敗しないためのポイント
  • 抽出量が何cc得られたかを見せてもらって下さい。
  • 目の周囲は内出血が出やすく注射時にできるだけ力を入れない方がいいですね。表面麻酔や極細針エレクトロポレーションなどでも回避できます

他院様で費用の高いACRを勧められた場合は当院に御相談下さい。低予算で高純度のPRPが抽出できます

オプション
  • 最極細注入針エンジェニードルや最強力表面麻酔併用可
  • 新メソリフト・CoQ10・プラセンタ併用(スペシャルPRP)可
  • 痛み出血腫れがないエレクトロポレーションで導入可能
  • 40cc採血で全顔面や身体の他部位への拡大注入可
04

PRP(多血小板血漿)&メソリフト 全顔面への注入

目的&適応 美白(シミ・肝斑・色素沈着等)・抗加齢(シワ・タルミ・毛穴等)・皮膚疾患治癒(乾燥肌・ニキビ・皮膚炎等)・血行改善&デトックス(クマ・クスミ等)・肌免疫増強
機序&方法 細胞を活性化させる多種多量の自己血液由来サイトカインで細胞若返り
作用持続期間 数ヶ月〜1年
ダウンタイム 数日 安全性

全顔面量はPRP3回とメソリフト注射2回実施した50代の女性で2ヶ月後ですが、注射するほどに肌の凹凸や色調が益々改善し持続しています。真皮から再生しました

失敗しないためのポイント
  • 抽出量が何cc得られたかを見せてもらって下さい。
  • 目の周囲は内出血が出やすく注射時にできるだけ力を入れない方がいいですね。表面麻酔や極細針エレクトロポレーションなどでも回避できます

他院様で費用の高いACRを勧められた場合は当院に御相談下さい。低予算で高純度のPRPが抽出できます

オプション
  • 最極細注入針エンジェニードルや最強力表面麻酔併用可
  • 新メソリフト・CoQ10・プラセンタ併用(スペシャルPRP)可
  • 痛み出血腫れがないエレクトロポレーションで導入可能
  • 40cc採血で全顔面や身体の他部位への拡大注入可

多血小板血漿(Platelet Rich Plasma : PRP)とは?

個体が傷を負うと血小板は血管の破綻部や創傷部位で一次止血をすると同時に、非常時のシグナルである細胞間連絡物質(サイトカイン)を多種類・多数放出して免疫細胞や真皮線維芽細胞を呼び寄せます。多血小板血漿(PRP)とは字の如く血小板を高濃度に濃縮した血漿のことですが、実はこれら細胞の成長因子と呼ばれるサイトカインを豊富に含んでいます。各成長因子は、例えば血管内皮細胞や繊維芽細胞等を活性化するなど、それぞれ組織再生上個別の重要な役割を担います。

〜PRP注入療法(リジェンACR)で、何故若返る?その真相とは?〜

コラーゲンよりも破壊されるコラーゲンが多くなるにつれて、お肌の支持力が低下し、張りやタルミ、シワが増え真皮および真皮下組織が非薄化してゆく機序があります。従って、真皮繊維芽細胞にコラーゲンを作らせる命令を、意図的に老化が進んだところに施せば、お肌の張りが次第に蘇ると考えられます。

血小板は、非常時以外にはサイトカインを多量に放出しません。PRPを抽出する際には高速の遠心分離をかけ、血小板に非常な負荷をかけるので、血小板中に蓄えられているサイトカインが血漿中に多量にしみ出してくると考えられます。そのしみ出たサイトカインの比重は、血球よりも軽くミネラルよりも重いので、遠心分離した試験管の中間層に多く含まれています。その最も濃度の濃いところだけを抽出したのがPRPなのです。因みに上層はPPPといって血漿成分なのですが、ミネラルやビタミンなどの栄養素を多く含んでいることもあります。PRP注入法は真皮の修復に重要かつ無双の働きをする真皮繊維芽細胞に、「働け」と命令を出してたくさんのコラーゲンを作らせる最も安全な再生医療に基づく若返り方法なのです。

安全な再生医療に基づく美容医学とは?

→それは遺伝子組換・培養・危険薬剤を用いないPRP(成長因子)や自己コラーゲン・自己脂肪・自己幹細胞等の自己組織です。
遺伝子組み換えや危険な薬剤を用いずに組織の自己修復力や再生力のみを利用して若返りや脂肪移植の定着率上昇を図ることが最も安全であると考えられます。自分の組織を用いる為、拒絶反応やアレルギーの心配は全くなく、特にPRPは血管内に入ったとしても塞栓や壊死も起こりません。血小板本来の凝固作用により施術部位の止血効果があり、白血球が生まれるため抗菌作用も期待できます。更に失敗や変形もなく、従来のヒアルロン酸などに代表されるgel状充填剤によるお肌の生体コラーゲン微小構造の破壊が最小で済みます。 しかも充填剤より安価で何歳でも受けられます。

PRPの手順 (生体内再生医療 全過程約1時間です)

  • 1.カウンセリング
    および簡単な問診
  • 2.バイタルチェック
    血圧・脈拍・体温・酸素飽和度を測定
  • 3.採血
    約40cc
  • 4.希望注入部位のデザイン
    *1部位=左右で1部位(当院では、注入量が充分確保できますので余ればご希望のところに追加注入しております。 予備に5部位程度デザインします)麻酔テープ貼付
  • 5.遠心分離
  • 6.PRP抽出
    (PPPを破棄しても業界最多の15cc前後のPRPが得られます)
  • 7.応部位にPRP注入

多血小板血漿 PRP (リジェンACR)で 何故 若返ることができるのか〜

非常時の血小板の働き

1.一次止血
2.免疫細胞や繊維芽細胞などを呼び寄せる物質(サイトカイン)を放出する
3.免疫細胞や繊維芽細胞などを活性化する物質(サイトカイン)を放出する=傷を修復する初期の命令を出す

主なサイトカイン

PDGF :細胞増殖促進、血管新生、マクロファージの活性化など。
TGF-β:細胞分化・増殖・遊走の調節、?型コラーゲンの産生促進など
VEGF :強力な血管新生、炎症のコントロール
EGF :上皮細胞成長促進、創傷部表面被覆

サイトカイン以外の細胞増殖因子

PRP中のフィブリン網:骨芽細胞や繊維芽細胞の足場(Scaffold)となる

象徴
PRP(多血小板血漿)を連想させる「植物の樹液・天然樹脂(琥珀など)」

pageTop