• 【銀座店】0120-874-432
  • 【梅田店】0120-454-902
  • 24時間受付 無料メール相談
  • 24時間受付 無料カウンセリング予約
  • 24時間受付 無料メール相談
  • 24時間受付 無料カウンセリング予約

HOME > 施術メニュー > お肌の施術 > 幹細胞移植 生体内再生医療

幹細胞移植 生体内再生医療

Injecting&culturingASC invivoforrejuvanation
再生医療の技術を用いた、
当院のお肌再生プログラムと症例をご紹介いたします。

症例ファイル

01

生体内 幹細胞再生医療 手の甲

目的&適応 自己組織による自然な若返りを希望される方。
機序&方法 脂肪・濃縮還元幹細胞・繊維芽細胞・プレミアム・細胞の生着足場&自己血液成長因子を注入し、術後3ヶ月間生着維持療法を毎月フォローする
作用持続期間 半永久
ダウンタイム 1週 安全性

他院様でリスクの高い骨削りやメスを用いるリフト手術を勧められた場合でも当院なら最小リスクの組合せで、ゆで卵の様な張りのある自然な輪郭を目指します。

失敗しないためのポイント
  • カウンセリングに充分時間を取ってもらって下さい。
  • デザイン時、御希望をしっかりと術者に伝えて下さい。
  • 吸引と注入どちらにも経験豊富で貴方に対して丁寧に手術をしてもらえる術者をお選び下さい。
施術の特徴
  • 術後にも成長する可能性が充分あり、生着率を最大限に上昇させた後も更に生着を維持させるプログラムです。世界初の生体内再生医療の概念です。
オプション
  • 顔面やバスト、欠損部への拡大注入も可能です
  • 表面のチリメンジワにはダーマローラー併用可能です
  • 高度再生医療技術を用いた若返り術の再手術可
02

生体内 幹細胞再生医療 全顔面

目的&適応 自己組織による自然な若返りを希望される方。
機序&方法 脂肪・濃縮還元幹細胞・繊維芽細胞・プレミアム・細胞の生着足場&自己血液成長因子を注入し、術後5ヶ月間生着維持療法を毎月フォローする
作用持続期間 半永久
ダウンタイム 1週 安全性

30代女性で術後毎月プレミアム注入を5カ月続けました。肌に張りがでて陥凹やシワがなくなり色白になっています。合併症も一切なく効果の維持も最も良好です。

失敗しないためのポイント
  • カウンセリングに充分時間を取ってもらって下さい。
  • デザイン時、御希望をしっかりと術者に伝えて下さい。
  • 吸引と注入どちらにも経験豊富で貴方に対して丁寧に手術をしてもらえる術者をお選び下さい。

他院様でリスクの高い骨削りやメスを用いるリフト手術を勧められた場合でも当院なら最小リスクの組合せで、ゆで卵の様な張りのある自然な輪郭を目指します。

オプション
  • 顔面やバスト、欠損部への拡大注入も可能です
  • 表面のチリメンジワにはダーマローラー併用可能です
  • 高度再生医療技術を用いた若返り術の再手術可
03

生体内 幹細胞再生医療 上下口唇

目的&適応 自己組織によって口唇を厚くしたい方。
機序&方法 脂肪・濃縮還元幹細胞・繊維芽細胞・プレミアム・細胞の生着足場&自己血液成長因子を注入し、術後3ヶ月間生着維持療法を毎月フォローする
作用持続期間 半永久
ダウンタイム 1週 安全性

40代女性1年後です。上下口唇ともしっかりと生着しています。シワや皮膚荒れも改善し、色も艶やかになって口紅のノリも良くなる様です。

失敗しないためのポイント
  • カウンセリングに充分時間を取ってもらって下さい。
  • デザイン時、御希望をしっかりと術者に伝えて下さい。
  • 吸引と注入どちらにも経験豊富で貴方に対して丁寧に手術をしてもらえる術者をお選び下さい。

他院様でリスクの高い骨削りやメスを用いるリフト手術を勧められた場合でも当院なら最小リスクの組合せで、自然な仕上がりを目指します。

オプション
  • 顔面やバスト、欠損部への拡大注入も可能です
  • 表面のチリメンジワにはダーマローラー併用可能です
  • 高度再生医療技術を用いた若返り術の再手術可

生体内再生医療

生体内再生医療(豊胸の場合)

脂肪吸引+豊胸の手術の場合、吸引した脂肪を脂肪細胞・濃縮幹細胞・繊維芽細胞に分けてバストに分散注入します。注入した細胞はバストの中(生体内)で成長し生着します。

細胞の足場に絡んだ脂肪細胞

文献:吉村浩太郎、松本大輔、佐藤克二郎 東京大学医学部形成外科
「脂肪幹細胞加脂肪移植術(Cell-Assisted Lipotransfer)による豊胸術」
2006年3月号 雑誌形成外科 より引用


生体内再生医療と生体外(培養)再生医療の違い

  生体内再生医療 培養再生医療
治療内容 ・増殖と分化能を有する幹細胞および自身の血液内の血小板の力を利用して生体内で組織再生する ・自身の真皮繊維芽細胞を生体外で増やし、肌を再生する ・幹細胞を生体外で人工的に増殖・分化させる
治療対象 ・顔面や頸部・デコルテ・手の甲等の若返り、陥凹やシワ・溝の改善、欠損部形成、豊胸 ・小ジワの改善、欠損皮膚の修復、神経や骨、歯肉、血管、粘膜等の修復
メリット ・1回の来院で施術可能である ・比較的安価である ・細胞への異物混入や感染の可能性がほとんどない ・比較的細胞活性を保持したまま自家移植ができる ・サンプル細胞の採取が容易 ・細胞の増殖過程が観察できる ・細胞を人為的に操作することができる
デメリット ・高度な技術を要する ・幹細胞を目的細胞に生体内で分化誘導することが通常は不確実である (特殊な方法を用いると生体内でも安全に分化誘導が可能である) ・細胞を培養するため治療に長い期間を要し、何度か通院が必要である ・高価である ・分化細胞の分裂回数を増加させると細胞寿命が低下することがある ・培養中細胞への異物や細菌・ウイルス等の混入の可能性がゼロではない ・ベクター(運び屋ウイルス)を用いると発ガン性の危険が伴う ・目的以外の細胞への誤誘導があり得るなど未知のリスクが多い
設備 ・遠心分離機を使用し短時間で安全に施術可能である ・細胞を扱うため、無菌室など特殊な設備のある施設でしか施術できない
象徴
女性の生理機能を整えるハーブ効果がある「レモンバーム」

pageTop